2017年9月27日水曜日

iPhone7のカメラの不具合で本体を初期化

iPhone7の内蔵カメラがある日突然ピントが合わなくなってしまいました。
カメラモードをビデオにしたりすると、使えるようになるので騙し騙し使用していましたが、ようやく重い腰を上げてApple修理センターまで行ってきました。

その前に、最近は携帯電話ショップでも予約制が取り入れているように、Apple修理センターもアプリから手軽に予約できます。

Apple サポートを App Store で - iTunes


最近はビックカメラなど、Apple Store以外でも修理は出来るみたいです。

無事予約できたら、時間までにお店へ行きましょう。


今回のカメラのピントが合わない不具合は結構あるみたいで、本体を初期化するば治るというケースもあったということで、修理センターで初期化してもらったところ、無事に治りました。

今回は特に修理をしたり、本体を取り替えることもなく終わったので良かったのですが、本体を交換する場合は注意が必要です。
ご存知のとおり、iPhone7からFelicaチップが本体に載るようになりSuicaが使えるようになりましたが…


ここで書かれている通り、カード情報を削除しないで本体を修理に出してしまうと、結構面倒くさいことになるみたいです。
ただ、修理センターのスタッフが初期化の際にカード情報も削除してくださいと案内してくれると思うので大丈夫だと思いますが、油断はしないほうが良いでしょう。
Suicaの他にクレカの情報もiCloudに情報が残っているので、初期化したあとも簡単にもとに戻せます(セキュリティコードは必要です)

0 件のコメント:

コメントを投稿